ひょうごBENTO

ひょうごBENTO

サイトトップ > 働く > 味の後継者求む!播州ラーメン店を開業しませんか?
  • Facebookでシェアする
  • tweetする
  • はてなブックマークする
  • Evanoteにクリップする
  • あとで読む

味の後継者求む!播州ラーメン店を開業しませんか?

西脇市2016.06.14西脇市

西脇市を中心とする地域で愛されるソウルフード「播州ラーメン」。

兵庫県を代表するご当地ラーメンとして注目を集めており、各地から多くのお客様が訪れてきています。

細めの縮れ麺に、チャーシュー・ねぎ・もやし・のりなど具はシンプルですが、何といっても最大の特徴は「甘い」スープ。 鶏ガラや豚骨、野菜などを煮込み、醤油味をベースにしていますが、おいしいラーメンを作ろうと各店が磨きをかけて作り上げてきたため、実はスープには決まったレシピや共通の明確な基準はなく、店舗によって色も甘さも違います。

この「甘い」スープのルーツ、それは西脇市の地場産業「播州織」にあります。 織物産業が盛んであった昭和30年代、西脇市には織物工場で働くため、西日本各地から集団就職でやってきた若い女性労働者が多く住んでいました。 こうした女性労働者の口にあうように工夫を重ねて、このスープが生み出されたと言われています。

「甘い」スープって一体?と思われるでしょうが、味わってみると「甘い」という表現がぴったりくるのです。 西脇市民にとってラーメンといえばこの味!という、半世紀以上にわたって地域に根付いた定番の味、それが「播州ラーメン」なのです。


soupimage.png
しかし、今一つの問題に直面しています。注目を集める一方で、認定店は現在西脇市内で4店のみとなっており、将来的な後継者不足が心配されているのです。

そこで、地元の西脇多可料飲組合では、播州ラーメン店舗を増やし、播州ラーメンのまちとして振興を図っていくために、後継者育成・西脇市内での起業を目的とした研修生の募集を初めて行うこととしました。

自分の飲食店を持ちたい方、また播州ラーメンに対する熱い思いをお持ちの方、夢をかなえるための一歩を進んでみませんか?まずは食べにくるだけでも大歓迎です!お持ち帰り用の配送も可能なので、是非まずはその味をお確かめください!

「播州ラーメン」をみんなに、そして次世代に広げていきましょう!



資格や研修期間など、募集内容の詳細はこちらから
http://www.city.nishiwaki.lg.jp/kankotokusan/tokusanhingourmet/1453685882473.html

播州ラーメン特設ページ
http://www.nishiwaki-kanko.jp/banshu-ramen/index.html

播州ラーメン認定店
http://www.nishiwaki-kanko.jp/banshu-ramen/shoplist.html
※配送のお問い合わせはこちらの各提供店舗へお願いします。

  • Facebookでシェアする
  • tweetする
  • はてなブックマークする
  • Evanoteにクリップする
  • あとで読む

オススメ関連記事